走れ!“忠治”TOP・・・    忠治写真集・・・ 気ままな男の山歩き
最終更新日 2014年6月18日

ご訪問頂き有難うございます。 

 当サイトは、
005年の暮れ、吹雪の中、赤城山の林道脇の側溝から頭を出してクンクン鳴いていた子犬、捨てられたのだろうか、迷い犬だろうか、わからない、つれて帰り“忠治”と命名。早速動物病院で診てもらい、サモエドのミックス犬であろう、と云われた。この犬の成長と家族の一員としての記録を写真と短文で綴っていきます。時々ご訪問頂けましたら幸いです。

  忠治よ、おまえの太い4本の足で、大地を跳ねまわり、思い切り躍れ、
  良き出会いと感動の犬生であって欲しい、“跳躍(はし)れ! 忠治”。

   走れ!“忠治”TOP・・・    忠治写真集・・・ 気ままな男の山歩き