平成二十一年五月二十三日     Before  写真集目次へ  Next

 「忠治、今日は畳屋さんが来るから、お父さんに山へ連れてってもらいな」、なんてお母さんに言われて、早速やってきました。今日のコースは足利市松田町から月谷町へ抜ける道に馬打峠という所があります。ここから名草巨石群へ通じる関東ふれあいの道の一部を歩きます。

馬打峠にある道標です。片道2kmほどにある三角点のある無名の山(?)388mを往復するそうです。




木段を少し上ると、桧の林から明るい緑の雑木林に変わります。新緑と道際の草がきれいです。



再び桧の林に入ると、コアジサイがアチコチに咲いてました。



お父さんは、山の中へ入ってカメラを向けています。


  少し青みがかった小さい花が沢山集まっています。



桧林の中のコアジサイです。



 お父さんは下の方へ行ってしまいました。



戻ってちょっと歩いたら、またコアジサイを撮りに行ってしまいました。



また少し歩いたら、大きなエゴの木の下に出ました。お父さんは木登りしてます、花を撮っているのでしょう。ぼくの周りに落ちている白い花がエゴの花だそうです。



ぼくは一休みしてます。


エゴの花だそうです。



長い木段に出ました。もう目的の山頂は近いようです。お父さんは、「アチイ、アチイ」と言って汗を拭きながら歩いてますが、木陰が多いのと休み休みでしょ、自然の中で楽しいですよ。



また雑木林になりました、山頂はもう少しあるそうです。



ゴツゴツした岩が出てきました。お父さんは、下の方へ走って行きました。



ぼくも行きたいなあ。



「お父さん、まだですか、ワン」



「キンランが咲いていたよ」、と言ってました。キンランは野生ランの仲間で足利の山では沢山生えていたそうです。しかし、最近ではほとんど見られなくなってしまったそうです。



今度は大きな岩にでました。ぼくは岩の間から、ポンと飛び上がりました。




ここでお水を出してもらいました。全部で500cc位飲んでしまったようです。オヤツに干し肉2枚、あっという間に食べてしまいました、おいしかったでーす。



オヤツもらって歩きだすと直ぐに山頂でした。三角点とベンチが木漏れ日の中にありました。残念ですが、周辺の景色は全く見えません。



 また、ドッグフード少々とホネを1本もらいました。



あっちへ行きたいなあ、どうなってるんだろう。



この方向に進むと、名草の巨石群に行くそうです。たっぷり休憩したあとは、来た道を真っ直ぐ、道草くわないで戻りました。



この木段を下ると道路に出ます。



ここが出発点の馬打峠です。お父さんは準備中です。ぼくはこうして、ひ・と・や・す・みです。このくらいの暑さは、平気です。また来たいなあ、ずうーと巨石群まで歩きたいでーす。



Before  写真集目次へ  Next