平成二十一年九月一日     Before  写真集目次へ  Next

 お父さんは北アルプスの剱岳へ出かける予定でしたが、お天気があまり良くないらしく、「お母さんと赤城山へマツムシソウを見に行くから忠治、お留守番を頼むよ」、と言っていましたが、「チューちゃんも連れてったら」、とお母さんの一言、そんなわけで、ぼく得しちゃったんです。忙しく支度して、発車オーライ、ぼくとお父さんの出会いの場所付近から、細い山道を上って小沼の駐車場へ着きました。

 ぼくは、お母さんと遊歩道を歩いて水辺に出ました。お父さんは花の写真を撮ってました。アザミの花もそろそろ終わりのようです。でもアチコチに咲いてましたし、キレイでした。



 今日お目当てのマツムシソウです。小沼付近で沢山見られると思っていたようですが、3,4本だけだったそうです。



 小さい橋に出ました、青空をバックに撮ってもらいました。



 「あれ、お母さん、ナーニ」、「小沼だよ」、「行ってみよう」



 沼の浅瀬でしばらく遊びました。



 小沼の南側に回って、黒檜山を入れて撮ってもらいました。



 ここから少し歩くと長七郎山の登山口にでました。上の方から人声が沢山聞こえるのですが、姿は見えないそうです。駐車場に2台バスが停まってましたので、その人たちでしょう、と言ってました。



  いいですねえ、森の中のきれいな笹の斜面にでました。



 森を抜けると、石ころだらけの広い場所に出ました。後ろが長七郎山の山頂だそうです。



 地蔵岳を入れて撮ってもらいました。



 ここが長七郎山の山頂です、後ろにちょこっと見えるのが、赤城山の最高峰、黒檜山です。ぼくは、お母さんに水、梨やお菓子をもらいました。お父さんは、マツムシソウを探しに行ったようです。



 きれいなマツムシソウが見つからなかったようですが、アザミの花とキアゲハの写真を撮ってきたそうです。









 お母さんは、ぼくをおいて先に行ってしまいました、ワン。



 北へ進むと霧がまいてきました。でもすぐに消えてしまいました。



 下って、鳥居峠の分岐点にでました。



 ここにもきれいな笹がいっぱい生えてました。



 首をのばして、「行きたいよう!」、と態度をとったのですが、「ハイ、忠治、もう少しで駐車場だよ」、ってリードを引っ張られてしまいました。ぼく、もっと歩きたかったのですが、・・・・・。



Before  写真集目次へ  Next