平成二十一年十月一日     Before  写真集目次へ  Next

 ぼくは今月の19日で満4歳になります。「そのころ上越の山に連れてってやる」、と言ってます。距離も標高差も、これまでに歩いた山より大分あるのだそうです。そこで、今日はトレーニングを兼ねて、赤城森林公園の登山口から荒山を一回りしてきました。


登山口から丸太や石の階段を登り、笹とつつじの間を緩やかに進みます。しばらく歩いて、先に出た2人の前に出て間もなく、小休止とかいって、お父さんは花や木の実、紅葉の写真を撮ってました。


   ヤマブドウの紅葉                                 サルナシの実
  

                     ズミの実、黄色と赤、種類が異なるんですって。
  

         ヤマラッキョウ                           リンドウ
  

 ぼく、まだ全然疲れていないよ、写真を撮り終わるのを待ってます、エへへへへ。



 ここは十字の分岐点です。右は赤城温泉、真っ直ぐ行くと荒山へ、左に行くと荒山高原へ行きます。今日は左に曲がって荒山高原を通って、荒山山頂へ行くそうです。



 ちょっとぬかるみもありましたが、少し登った程度ですぐに荒山高原に着きました。小休止していると、先ほどの2人がやってきました。ぼくのこと、いろいろ話してました。お二人は鍋山へ向かうそうです。



 生い茂ったつつじの間を抜けると、鍋割山が見えてきました、そこで一枚。荒山は山頂に雲がかかってます。



 箕輪に通じる道と合流し、ジグザグしながらつつじの間を進みますが、なかなか終わりませんでした。



 笹がキレイに払われて、お父さんは歩きやすいようですが、ぼくの足を心配して、時々ぼくの足をとってみてました。「大丈夫だな、って。



 お父さんは写真に夢中、木の上に何かいます、「何だろうな?」



伸び上がったけれど、全然届かないや、何か動いているんですよ。お父さんに見てもらいましたが、見えないんですって、「何もいないぞ!」



             カエデの紅葉の写真です。真っ赤っ赤と赤いブチ
  

   これもカエデで、木の半分が紅葉してます             サラサドウダンの紅葉
  


   ここを出ると間もなく樹林帯に入りました。



 大きな岩の間をぬけました。ぼくは飛び上がってピョンピョン、という感じで上りました。お父さんは「ヨイショ、ヨイショ」、で上ってました。



 もう岩場も終わります。



 間もなく荒山山頂に着きました。荒山はこれで3回目です。ガスっていて周りは何も見えません。



  水とオヤツを頂きました。



  南に下って紅葉のきれいなつつじを入れて撮ってもらいました。



 きれいですねえ、真ん中が道なんですよ。



 急坂を下ると、ひさし岩という岩場に出ました。山の風景がきれいに眺められる所だそうですが、今日は雲の中のようです。
      マツムシソウや                            トリカブトが咲いてました
  

  ひさし岩で一枚撮ってもらいました。



  丸太の階段で霧のたちこめた上の避難小屋に出ました。ここも十字の分岐をしています。



   右に曲がって先ほど通ってきた十字路に出ます         ニシキギという木で真っ赤でした。
  


 下の十字路からは遊びながら、ヤブに入ったりして



   下りました。



   あと1kmほどで駐車場に出るそうです。「どうですか、ぼくのパワー」、「多分、大丈夫だろう」そんなことでOKのようです。上越の山ってどこ? 楽しみだなあワン。



Before  写真集目次へ  Next