平成二十二年九月十四日     Before  写真集目次へ  Next

 暑さが峠を越し朝晩少しだけ、すごしやすくなりました。食欲も残さず食べられるようになりました。午前中の涼しいうちに、久しぶり、足利の大岩山と行道山へ出かけました。


 毘沙門天の奥の林道の終点まで車で入りまして、そこから山道に入りました。
右は浄因寺からの巻道です。左が名草巨石群へ通じる縦走路です。左に入り尾根伝いに歩きます。



日の当たらない桧林の中を、時々丸太の階段があったり、ジグザグがあったりしながら進みました。南に伸びる尾根からの道と合わさって大岩山山頂到着です。



 丸太の階段を下って中間で休んでます。



 上を振り返ると丸太の階段が続いてます。          もう少し下ります。
  


 大岩山と行道山の間には小さいピークがいくつかあります。



 上ったり下がったりするのが面白いんですよ。



 行道山はもう少しのようです。



 「お父さん、何してるの、早く行こうよ」、「ゆっくり歩いてるんだよ」



 行道山の山頂に着きました、誰もいません。太陽は雲に隠れてます。意外とさわやかです。



                     足利の街は霞んではっきり見えません。
  


                山頂にある関東ふれあいの道の石柱と展望です。
  


 



 花は何もありませんが、ススキだけが穂を元気に伸ばしてました、秋ですねえ。



  もってきたオヤツを頂きました。



  ひとやすみしています、こういうお家って良いねえ。



 あれ、“ギョウドウサン”って書いてあるんだって、きれいな字ですね。



 「そろそろ出発ですか」、「ホコラの前で一枚撮って戻ろう」




 陽が出てきましたね、良く撮れましたか、では戻りましょう。
         


   先ほど通った丸太の階段、結構長いでしょう。



 また、大岩山でひとやすみしてます。持って来たお水はカラッポになってしまいました。




 誰にも会わないかと思ってましたら、一人いました。ちょっと立ち止まっただけで、すぐに行ってしまいましたぼくは、ずっとここにいたいなあ。「どう?」、「・・・・・・」


  Before  写真集目次へ  Next