1999〜2003年まで  戻り


2003年5月22日
コンニャクはサトイモ科の植物で尾瀬に咲く水芭蕉も仲間です。全高1mほどですが、先端はヤリのように尖って、黒ずんだ紫色の形がなんともグロテスクです。真ん中が花(右下拡大画像)で、それを取り巻くように仏焔苞(ぶつえんほう)があります。うまく受粉すると実がなり、上部のサヤは干からびてしまいますが、実が熟すまでしっかりと立っているそうです。受粉できないとひと月くらいで、グニャグニャグニャと、なってしまいます。近所の家では、列をなして畑に立っていました、面白いですよ。
  
  コンニャクの花茎                             花茎の上部
  
  
   下の葉(ガク?)                                   花の部分のアップ

  
カンパヌラ・ポシャルスキャナ(アルペンブルー)           梅花ウツギ


2003年5月14日
フタリシズカは、山野の林床に生える多年草で茎の先に2本(希には数本)の穂状花序を出し,小さな白い花をつけます。和名は静御前とその亡霊の舞姿にたとえたものとか、本に書いてありました。ヒトリシズカはかわいい感じがしますが、この花は?
  
  フタリシズカ                              オトメギキョウ(ベルフラワー)

2003年5月10日
地エビネは一時勢いをつけても賑わいを見せていたのですが、ラン科特有の土壌や菌に対しての弱さなのでしょうか、数が減ってしまいました。鉢に取ったり、場所を分散したりして、やっと素芯が蘇りつつあります。緑のガクに真っ白なリップ、何とか丈夫になって欲しいのですが。
  
 地エビネ(素芯)                            地エビネとタツナミソウ

  
  カキツバタ                             タニウツギ

  
  シラン                               オオムラサキ、ちょっと赤が強いのですが


2003年5月7日
マムシグサが咲き、1週間もしたら珍客がサンシユの木に出没しました。1mほどのアオダイショウです。ストロボにビックリしてか、舌をペロペロするのを止めてしまいました。何を狙っているのでしょうか、庭のあちこちを散歩しているようです。
  
 マムシグサ(4/30)                         アオダイショウ(サンシュユの木)

  
  キエビネ(4/30)                           地エビネ(4/30)

  
  ボタン                                   キングサリ

2003年4月28日
ボタンの花もこれまで、というところです。花の進むのが早く、今日はまだ早いかな、と言っていると何時の間にか散りかけてしまったり、鬼ごっこです。クマガイソウだけは、ラン科なので長持ちします、もう1週間咲いていますが、まだ見られます。地エビネもそろそろ咲き出しますね。
  
  ボタン                                 レンゲツツジ

  
  クマガイソウ                                ヒメシャガ

  
  シロバナエンレイソウ                          フジ

2003年4月22日
桜の花は、冬ザクラに始まり、ヒカンザクラ、シダレザクラ、・・・と咲き、そして最後がこの八重桜です。
  
 ヤエザクラ                                ヤエザクラ

2003年4月16日
七重八重・・・でなく野生種で一重です。枝振りがしなやかで、山路にいる感じがしてしまいます。。。
  
  ヤマブキ                                  シダレモモ

  
  イカリソウ                              ヤマブキソウ

  
  クロモジ                                ライラック

2003年4月10日
アズマシャクナゲがそろそろ散りかけてくると、セイヨウシャクナゲの早手が咲き出しました。野生とは異なり豪華な花をつけました。
  
  ボケ                                  ボケ

  
  西洋シャクナゲ                            アズマシャクナゲ