戻り

  20122011年夏

 

 2012年8月31日
改良種のギボウシです。一見オオバギボウシに見えますが、異なるようです。今年は花数が少なかったのですが、株はしっかりしてますので、来年は期待できるでしょう。

        ギボウシ(改良種)


        ギボウシ(改良種)


 2012年8月25日
連日続く猛暑の中で、手間ひまかけて消毒、かん水、草取り、垂れ下がった枝の支えなど作業が続く、秋が深まり、色づく柿に今日の汗が報われるだろう。
  
  垂れ下がったふゆう柿の枝を支えて、                車で傷つくのを和らげる

  
               強風で折れた皇帝ダリアの幹、再生して順調に育っている
 皇帝ダリア、花が咲き始めるまでには3ヶ月弱、強風で折れ曲がった幹も再生して、横から見たら傷跡は見えないが、その生命力に驚かされる。棒、竹、紐の補強が効をなしているようだ、秋の台風は大丈夫かな。


 2012年8月18日
ヒガンバナ科のナツズイセン、いい色をしてますね。丈も高く、花の少ない時期だけに、我が家の庭では隅にあって目立つ存在です。野生種のキツネノカミソリも同じ仲間だそうです。キツネノカミソリは薄暗いような林床に群落をつくり、不気味に感じることがありますが、ナツズイセンは増えず、減らずでこの何十年も同じようです。

     ナツズイセン(夏水仙)


 2012年8月15日
盆の昼下がり、サクラの下で咲くトレニアを撮る。画像を見たら葉裏が泥だらけ、昨日の雨のようだ。洗い落とすのも面倒、そのまま貼っておきました。

  トレニア


  ミクネシアレディインレッド


 2012年8月5日
カライトソウというと、一度だけ北アルプスの五龍岳から下る時に逢ったことがある。これは勿論園芸店で購入したものだが、5,6年たっている。今年はウドンコ病にならず、しっかりした花を久しぶりにつけた。ピンクの細かい花の集まった花穂はキレイだ。

   カライトソウ


   カライトソウ


   ギボウシ


   ギボウシ


   モミジアオイ


 2012年7月29日
散水栓ボックスの中のコガタスズメバチ(?)の巣を見つけ妻が駆除しました、私の留守中のこと。この23日のこと、白い靴下をはいて草取りをしていて刺され、自己処置をしていた、幸い軽症ですんだ。後日、同じ場所で、散水栓ボックスから出入するスズメバチを発見、キンチョールをタップリかけ、穴から這い出てくるハチを踏み殺し、ボックスを開け、コックの上の巣に袋をかぶせ取り出して一件落着したようだ。昨年6月18日にもシャラの木につくったスズメバチの巣を見つけ駆除しています。

    取り出した巣とコガタスズメハチ

  
                                殺したスズメバチ


       巣では幼虫がウヨウヨ動き、成虫が這い出てきます


   巣は3層になっていて、

  
    黄色い○で囲った部分が、                    コックの上に立ち上がっていたそうです。

  
                その後、時々家の中にやってくる、巣に戻れなくなったスズメバチ


    昨年、シャラの木につくった野球ボールほどのコガタスズメバチの巣、2011/6/11

 今回のハチもコガタスズメバチと思いますが、調べてみると 明るい場所に巣をつくるようで、他の種かも知れません。ススメバチというと大きなハチを想像してしまいますが、小さい種はアシナガバチと同じ位なんですね。


 2012年7月27日
ヘブンリーブルーが二つ咲きました。今年は黄色い花のゴーヤと一緒のエコカーテン、真っ青になるほど咲くかな。

  ホザキシモツケの切戻し、花穂は小さいですが結構見られますね。


   シロシモツケの切戻し、これは花の大きさは同じほど


   チョウがとまっていたのでもう一枚、チョウはヒメウラナミジャノメのようです。


  ヘブンリーブルー


 2012年7月23日
ヤブミョウガが数本花をつけました、どこからやって来たのだろう、前の家の竹薮からだろう。この花、変っているんですね、一つの花茎に両性花と雄花がついているんですね。地下茎と種で殖え、半日陰でも充分育つ強い種です。

   カノコユリ


 パイナップルリリー


 パイナップルリリー


    パイナップルリリー、下の花は終わりましたが、上は残っています、7/27撮影


   イナカギク


   ルドベキア


    チシマハンショウヅル


   ナツロウバイの実


  ヤブミョウガの花


   雄花

樺術
    両性花


     ムラサキシキブの花


 2012年7月21日
梅雨が明けて連日猛暑、猛暑、今日はまた5月頃の気温、どうなっているのでしょう。花の少ないこの時期、鉢植えのスイレンが一輪、午後の弱い日差しを浴びて咲きました。池で咲かせたいのですが、うちの金魚は獰猛でして、・・・・。クワイ、コウホネ、エンコウソウは難を逃れているようです。

   スイレン


     同、アップ


   ベゴニア、雌雄同株のようです


   ベゴニア


   アカヤシオの葉焼け防止に遮光ネット


   ゴーヤの初物、我が家のエコカーテン?


   ペチュニア


   ヤマホロシ


   ニチニチソウ


   ニチニチソウ


    ミヤマカラマツ、7/13の続き、まだもってもす


    キキョウ、7/13の続き、まだもってもす


 2012年7月13日
コウホネ、今年もたった一輪、葉は色艶良くしっかりした花をつけました、数日楽しめそうです。金魚が突付いて葉を揺すってますが、食べてはいないようです。アサザを食べられてしまったこともあるので、時々監視してます。

   コウホネ


   コウホネ


   コウホネ


   フロックス(赤)


   フロックス(桃)


   サクユリ


   サクユリ


   サクユリ


   ソバナ


    ソバナ


   キキョウ


   セイヨウニンジンボク


    ヤナギラン


    ヤナギラン


   キハギ


   ホウセンカ


 2012年7月6日
梅雨時期に咲くハーブの一種、モナルダ別名ヤグルマハッカは、シソ科の宿根で、夏の暑さにも強く、冬の寒さにも強いようです。手入れ不用に近い作りやすい種です。日差しは充分与えた方が良いですね。

   モナルダ


   モナルダ


    フロックス、白が咲きだしました、濃いピンク、ピンクは少しおいて咲くでしょう。


 2012年7月4日
早朝、新聞をとりに行ったら、庭の片隅に、ユウスゲが咲いてました、最初の一花です。9:00頃、出かける前に見たらまだ花がしっかりしてました。梅雨の中休みでしょうか、青空が広がってます。

   ユウスゲ(早朝)


   ユウスゲ(9:00)


   ミヤマカラマツ


   ミヤマカラマツ


   ギボウシ


   ギボウシ


   ヤマユリ


     ヤマユリ


 2012年6月30日
10日ほどあけましたら、大分花が進んでしまいました。アジサイの花も終わりに近づいてます。強い日差しの下で撮りました。

   ゲンペイツリフネ


   クモキリソウ


   ギボウシ


   ラベンダー


   ガクアジサイ


   ガクアジサイ


    ガクアジサイ


 2012年6月21日
今日は、1年で昼の長さがもっとも長い「夏至」です。庭の花も少なくなって、夏の花に変わりつつあるようです。梅雨がいつまで続くのでしょう、草でもむしったら蒸し暑さが少しは和らぎましょうか。

   クガイソウ


   クガイソウ


   ラベンダー


   ラベンダー


   ネジバナ、芝生の中に生えたものを撮ったのですが、毛虫が花を食べてました。


   シャラ、若木ですが沢山花をつけています。


  アサザ、本日は3ケ咲きました。


 2012年6月19日
今は静かですが、台風が来ているとか、上陸の可能性もあるようですね。ホザキシモツケというと、戦場ヶ原に沢山生えていますね。昨年はクセしてしまい花を見られなかったのですが、花数は少ないのですが、復活しました。

    ホザキシモツケ


    ホザキシモツケ


    キンシバイ、をモデル入りで


   カシワバアジサイ、左に蕎麦、奥にホタルブクロ、メドーセイジ・・・


 2012年6月15日
ヒメシャラ、庭の隅っこで、すっかり忘れてました。花が小さく、緑になった庭では目立ちません。落ちた花を見て、あれっ、と見上げたら咲いてました。これもシャラと同じ、一日花です。小枝を沢山出して、先端に1.2個花をつけているようです。

   ヒメシャラ


   ヒメシャラ


   コメツツジ


    ナデシコ


   ナデシコ


   カキラン


   カキラン


   ラベンダー


   ハタザオギキョウ


   バイカツツジ、6月6日に貼りましたが今が満開のようです。


    嫌いな方はゴメンナサイ、トカゲの日向ぼっこです。


 2012年6月13日
梅雨時に咲く草丈1mほどのカラマツソウ、花形がまさにカラマツの芽吹きの形、名がピッタリですね。山ではミヤマカラマツ、モミジカラマツを見かけますが、花形がちょっと異なるようですね。

   カラマツソウ


   カラマツソウ


   ヤマオダマキ


 2012年6月10日
関東も昨日梅雨に入ったとか、やだねえ。梅雨時に咲く花でも眺めて鬱陶しさを跳ね返しますか。

   シャラ


   アサザ


   アジサイ


   アジサイ


   カシワバアジサイ


   アナベル


   スカシユリ


    ニワフジ


    ホタルブクロ


 2012年6月8日
ウツボグサは広く分布し日当たりの良い草原を好むとか。多年草で種で増えるのは勿論、根元から枝を伸ばし周囲に広がっていく、非常に強い植物です。しかし、地下茎で同じような増え方をするタツナミソウ(奥に見える葉、もしかしたら改良種?)に負けてしまい、範囲を狭めてしまいました。どうも、狭い庭でバランスを保つには人の手で制御してやらないと駄目ですね。

   ウツボグサ


   ウツボグサ


   ウツボグサ


   斑入りドクダミ


 2012年6月6日
入梅のはしりでしょうか、ポツポツと顔にあたります。好みのバイカツツジが咲き始めました。この花、ほんとうに目立たないんです。若葉の下で下向きに咲き、花弁は白ですが、色合いが新芽に溶け込んでしまうんですね。また、花数は少なく、一斉に開かず、ポツンポツンて感じです。本には、どこにでも見られる落葉低木とありますが、近場の山でも咲いているでしょうか。

   バイカツツジ


   バイカツツジ


 2012年6月5日
購入して3年目、ローズマグノリア(スイレン)と思いますが、やっと一花咲きました。この花は、花は小振り、初日は淡いピンク色をしてますが、白く変化していきます。

     ローズマグノリア(スイレン)


   ローズマグノリア(スイレン)


   スイレン


      八重のドクダミ


      八重のドクダミ


   ヒノマルウツギ



 2012年6月4日
今月後半はホタルの飛び交う時期ですね、ホタルブクロもこの季節花をつけます。野生種と園芸種が混ざってしまいまして、見分けもつかず混乱してます。花の形状の異なる種ははっきりしてますが、一番怪しいのが白です、ムラサキ以外は皆露地で自然な状態にしてあります。

   ホタルブクロ


   ホタルブクロ


   ホタルブクロ


   ホタルブクロ


   イワガラミ


   イワガラミ


   イワガラミ


   ヤマアジサイ


   ウツボグサ


    キョウカノコ


   ニッコウキスゲ


 2012年6月1日
今日から夏のページに移りました。シダレザクラの木漏れ日をもらって30ケほど花をつけました。ヒョロヒョロした低木ですが、元気なようです。モクレン科の葉につく毛のない毛虫が沢山発生してしまいまして、駆除しました。

   オオヤマレンゲ


   オオヤマレンゲ


   シロシモツケ


   シロシモツケ


 2011年8月31日
この夏も終わってみれば、暑さは昨年ほどは感じなかったですね。暑さ慣れしましたかね、それとも節電の緊張感? 秋咲きのギボウシが見頃となり、涼しさをちょっぴり。花形からするとユリそのものですね。例年ですとそろそろ咲き出すイワギボウシがまだ花芽が見えません、どうしたのでしょう。

     ミズギボウシ


     ミズギボウシ


     ギボウシ(改良種)


     ギボウシ(改良種)


     レンゲショウマ



 2011年8月19日
昨日までの猛暑はどこへやら、雨がしとしと降ってます。裏口のトレニア&ミクネシアレディインレッド