気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”

  KAKATOTOの庭TOPへ   

 2012(12/1)〜2014(2/28)年   2001〜2012(2/28)年冬へ

 2014年2月28日
今年はカンアヤメが咲き出すのが遅かったですね。先日の大雪がやっと解けて、ひと雨降り、陽を浴びて輝いています。早春は自然のものですと黄色い花が多いですね。自然種っぽい、カンアヤメの紫色、気に入ってます。原種は地中海地方、日本いずれか?

   カンアヤメ


   カンアヤメ


   フクジュソウ


   フクジュソウ


    メラコ


 2014年2月27日
先日貼りました冬咲きのクジャクサボテン、季節なんですね、次々と咲いてきました。ベニクジャクと違って日持ちしますので、同時に複数見られますので、いいですね。

 冬咲きクジャクサボテン(チバレモン)


 2014年2月22日
14日、この冬3度目の大雪、40,50cm積もったようで、まだ庭の片隅に積まれたままです。もう、活動をし出した草木もビックリして、震えているようです。

  色づき始めたサンシュユの蕾


  すぐにでも開きそうですが、・・・・


  この冷え込みで、屋外の花はさっぱり、屋内の花でも撮りましょう、シンビジューム


       シンビジュームと黄色はフリージア(切花)


   オンシジューム


   冬咲きクジャクサボテン、初夏咲きと違って冬咲きは5,6日咲き続けます


   冬咲きクジャクサボテン


 2014年2月9日
昨日の雪、夕方から激しくなり、20年振りぐらいになろうか、30cmほどになった。昨夕の降りから門扉を開放、雪かきのスコップ、長靴を準備しておいた。窓から眺めたところ、一面、どこも、真っ白、屋根の雪は落下し始めていた。あわてても仕方ない、記録的な降雪を写真を撮って、ボチボチ開始する。まず、玄関先で、このあと車の出入スペース、入口、通路となる。雪をまとめるスペースも半端でない、作業も簡単にしたい、天気が幸いして急速に解けだしていた。4時間あまり要しただろうか、ほぼ予定のスペースは確保できた。7日の赤城山のラッセルに続いて、雪かき、効きましたね、雪国の苦労がわかりますね。
  
                            玄関から屋根見上げる

  
 玄関から四男坊の家、夕べは玄関泊               玄関前で、曲尺で丁度30cmでした


  車庫から庭、車出入のスペース


  玄関前のスペース


  入口から見た除雪スペース


  マンサクも寒そう、「今年はおかしいぞ」と


  作業終了、玄関前、アチコチに雪の山が


  入口から車移動スペース


  ここに積み上げた雪、花々に気をつかいました


 四男の家、奥の車庫、物置の出入り、とりあえず何とかなるでしょう


 2014年2月4日
今日は、24節季の立春、午前中の雨が先ほどから雪に変りました、ちょっと積もりかけているようですが、・・・・・・。

  雨が昼頃から雪に変りました


   大粒の雪です、


  キャラに薄っすらと積もり始めました、初雪です


   やっと枯れ葉を落としたマンサクが震えてます


   ワビスケは、気のせいか、ちょっと輝いて見えます


 16時近くに雪は止み、少々風が出てきました。多い所で3cmほど積もりました。しばらく降らなかったので、生き物には良いお湿りでしょうい。

  1年に1,2度の雪景色


  このくらいが良い所でしょう、あまり降られては後が大変


   先ほど撮ったマンサクです


   アカマンサクも咲き始めてました


  雪とマンサク、これも春の訪れの1コマですね


 2014年1月27日
早い年には新年早々開き始めるフクジュソウですが、やっと一番花が開きました。3週間ほど差がありますね。想像するのですが、一つには冷え込みでしょうし、あとは地温の上昇でしょうか?

  フクジュソウ


   暮れにプランター3ケ、近くに住む友人から頂いた西洋サクラソウ(メラコ)、これもやっと咲き出しました。


 2013年12月18日
もう、今年も残り2週間を切りました。すっかり葉を落とし、実を落とした、梢の鳥を見ていると、かわいそうになってしまいますね。玄関で3枚、ドライフラワー5,6種、ナンテン、フクレミカンを撮りました。

  ドライフラワー5,6種、保管中のミカン


  ナンテンの実、家の中に持ち込んでも綺麗ですね


   フクレミカン、外では鳥についばまれて穴っぽだらけです


   十月桜です、まだ次々と咲いてます


   淡いピンク、きれいですよ


   シシユズ、観賞用です、大きい方は1031gありました


  椿を3種、これはベニオトメです


  シラタマ


   ワビスケ


   サザンカ


 2013年2月28日
2月も本日限り、「今年は寒い」なんて声を毎日のように聞きましたが、花々を見ると春なんですね。フクジュソウも首を上げ、結実をうかがっているような。隣のシュンランも、もうすぐ咲き出すでしょう。

   フクジュソウ


   フクジュソウ


 メラコ、友が毎年種をとって育てています。今年もお正月に頂き、沢山花をつけています。桜の季節まで、美しく咲き続けます。


   メラコ


   先端が黄ばんできたサンシュユの蕾


 2013年2月12日
アカマンサクが満開になりました。今咲いている黄色いシナマンサクとは咲き方がちがいます。古い葉は残ってません。枝がツンツン伸びるところは似てますね。

 アカマンサクのツンツン伸びる先端の枝、花は木の元の方から、上部先端まで同じように咲いてます。


   アカマンサク、花形は赤も黄色も同じようです。


 2013年2月6日
3度目の雪となりました。8時頃から霙が雪に変り、薄っすらと積もりかけています。予報では15cmとか、「あまり積もらないで」、と言いたいところ。






  犬は散歩に連れてってもらえず、「スタンバイ、OK」といった感じ









 2013年2月3日
昨日は暖かな一日でしたが、今日は節分、寒さが戻ってしまったようです。園芸種のマンサクが咲き始めました。山のマンサクは秋には葉を落とて、咲き出すのでこんなことはないですが、花芽を寒さから守っているのでしょうか。花が満開になるころ葉が散り始めるようです。

   マンサク


   マンサク


   ロウバイ


   ロウバイ


 2013年1月30日
やっと花が咲き出しました、ロウバイ、カンアヤメ、フクジュソウ。やはり、今年は気温が低いのかな。もう直ぐ立春、花の咲くのが待ち遠しいです。

  フクジュソウ


   カンアヤメ


 2013年1月14日
冬枯れの庭、花の乏しい季節、思わぬ時の雪化粧、まるで花が咲いたよう。工事の傷跡も隠れてもとにもどったようだ。

 12:30、



    初雪うれし、冬枯れの庭


     寒さに負けず、ワビスケ


   春を待つタムシバの蕾


   まだ見られますブルーベリーの紅葉


 2012年12月29日
明け方にかけて降った雨、朝の日差しに、モミジの小枝の先の滴が光って面白い雰囲気を生み出していた。枯葉とイルミネーション?、短い時間、楽しませてもらいました。

  モミジの小枝の先の滴 


  イルミネーションのような輝きをしていた


 2012年12月25日
この冬一番の冷え込みでビワの根元の枯れたアキチョウジの切り株に霜の花(霜柱の一種で花のようになったもの)が出来ました。山では見かけたことがありますが、我が家の庭でははじめてです、珍しいと思います。

  枯れたアキチョウジの根元に出来た霜の花


   大きさ5-6cmです。


   拡大するとこんな感じ


  ちなみに、数m離れた石臼にはった氷は6-8mmでした


 2012年12月24日
フクジュソウの育ち具合を見ていたら、隣でフユノハナワラビ(別称フユワラビ)が咲いていた。花を拡大して見ると下の写真のようになっていて晩期のようだ。

   フユノハナワラビ


   フユノハナワラビの花穂、丸いのが残り花


   トキワシノブ、原産地は中国


 2012年12月20日
花の乏しい季節、晩晩秋の彩りが微かに漂う。これもまた楽し、かな。葉陰にロウバイ、マンサクの花芽、まだまだ咲きそうも無い、年の瀬の朝。

  サラサウツギと富有柿


   ブルーベリー


    ユキヤナギ(八重)


    オカメナンテン


 2012年12月8日
今年の十月桜、9月末に満開となり、11月中旬からまた咲き出し、未だに咲いている。次々に咲いてくるようだ。寒さに負けず、淡いピンクの花、冬枯れの庭で頑張ってます。

   十月桜


   十月桜


   キノボリギク


     バラ


 2012(12/1)〜2013(2/28)年   2001〜2012(2/28)年冬へ

   KAKATOTOの庭TOPへ  

  
気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”