気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”
sub3-257
鳴神山(桐生の山)
       
山行日
    2006年4月28日  晴れ  2名

コース
    桐生市川内町駒形道路終点→肩の広場→鳴神山山頂(桐生岳)→仁田山岳→肩の広場→駒形

 4月17日に大滝から入り、吾妻山まで抜けたが、鳴神山のヤシオツツジは開き始めたばかりだった。26日に標高で同じ位の栗生山(桐生市上田沢)で見頃をむかえていた。今度こそは、天気も久々に良いと聞く、今回はコースを変えて、駒形から山頂をピストンすることにした。8:55舗装道路の行き止まった所に駐車して出発する。100mばかり歩いただろうか、後から進入してくる車あり、見ると憶えのある車、“ドンピシャ登山”のN氏の車である。妙な所で、2夫婦の出会いとなった。「先にボチボチ行ってますから・・・・」、ということで先に歩いた。

 沢筋の花々、テンナンショウ、ニリンソウ、ケマンソウ、アケボノスミレ、ナルカミスミレを眺めながら、杉森を抜けると、広葉樹に変る。ハルトラノオが点々と咲き、カタクリも若干咲き残っていた、シロバナエンレイソウも咲き出した。木立の向こうに赤城山が、見上げる岩場にヤシオツツジが見えると、肩の広場はもう近い、10:05着。山頂部でゆくりアカヤシオツツジを堪能、行き交うハイカー20人ほど、先ほど会ったN氏夫妻にもまた、肩に戻って10:52。再び沢筋の花々を探しながら下り、丁度12:00駐車点に戻る。
  
                       登山口にある案内板と道標

  
           ニリンソウの咲く沢筋を通り、杉森は広葉樹へと変る。

  
      岩場のヤシオツツジが目に入る、振り向けば木立の向こうに赤城山

  
  岩場からヤシオツツジと赤城山            ほどなく肩の広場へ着く

  
  肩の広場から5分も歩けば、満開のアカヤシオツツジの待つ山頂に出る、山頂(桐生岳)から西のピーク仁田山岳

  
 同じく、男体山遠望                      袈裟丸山、皇海山、日光白根山を背景にアカヤシオツツジ

  
同じく、日光白根山                       上州武尊山遠望

  
 仁田山岳から赤城山                    同、桐生市街地を遠望

山頂部のアカヤシオツツジ
 【枝間に】
  

  

  

  

  

 【山並みと】
  

  

  

 【花をアップで】
  

  

  


◆谷間の花々
  
                      シロバナエンレイソウ

  
                              ハルトラノオ

  
     トウゴクサバノオ                             キケマン

  
                             ニリンソウ

  
              スミレ                       テンナンショウ

  
                      カタクリもまだ咲いてました

 総所要時間は、3時間05分だった。不完全燃焼に終わった前回の鳴神山山行の続編、今日は大当たり、N氏夫妻にも偶然会ったし、下って驚き、駐車中の車の多いこと。まだ、このGW中も楽しめるでしょうね。



    気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”