気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”
sub3-110
鈴ケ岳
(赤城山)
山行日
    2003年9月23日  曇り    単独

コース
    箕輪(駐車場)→県道4号カーブ13(前橋赤城線)地点→姥子峠→鍬柄山→大ダオ→鈴ケ岳
    →大ダオ→鍬柄山→姥子峠→県道4号カーブ13(前橋赤城線)地点→箕輪(駐車場)

コース詳細図(国土地理院の1/25000地形図赤城山に書込み 赤と一部黒線)
    ご注意:AE間は1/25000地形図には道として記載されてますが、一般コースではありません。

    A点:県道4号カーブ13(前橋赤城線)地点
    B点:林道の終点(概略)
    C点:姥子峠から赤城村溝呂木方面に向かう尾根(林道)との合流点
    D:林道(?)終点
    E:姥子峠(白樺牧場−鈴ケ岳登山道)
    F:鍬柄峠(白樺牧場−鈴ケ岳登山道)
    G:鍬柄山(白樺牧場−鈴ケ岳登山道)
    H:大ダオ(鈴ケ岳南回りコース、北回りコース分岐)
   

 箕輪の駐車場に車を止めて山支度をする人は、荒山鍋割山方面へ行くのが一般的である。ここから鈴ケ岳へ、国土地理院の1/25000地形図 赤城山に破線で書かれているルートに従って歩けたら、鈴ケ岳、地蔵岳、荒山とコースが膨らみ一周できて面白いだろうな、と考え、まず今日は、箕輪から鈴ケ岳を往復する。

 10:09、秋分の日で箕輪の駐車場はほぼふさがっていた、9:23泣き出しそうな雲であったが出発。前橋方面に道路を下る、まず赤城白川を渡ると右手に水辺に沿った散策路を分ける、左手は細い道路があり角に土産物屋がある。店の前は、“箕輪”のバス停である、丁度ビジターセンターへ向かうバスが通り過ぎる。間もなく右手に人家が一軒、そして小さい沢との間に林道だあった、県道前橋赤城線の13カーブの所だ、道を探しながら着たので10:18。

 ここから入り、杉と桧の県有林を右手に進む、やがて流れと接近し橋を渡り広葉樹のトンネルとなる、ヒョコヒョコ歩いているヤマドリのつがいに遇う、ガタガタガタと大きな羽音をたてて林の中へ去っていった。林道はほどなく終点に達する、10:33。周辺を見渡し道らしいものを探すが、ない、結局地図にそって沢筋を歩くこととする。生い茂る草を分けて沢に出ると、地図にはないが小さい堰堤があり、この上で沢が左右に分かれていた。水量の多い左手に入る、石はゴロゴロしているし、草木は茂り、歩きにくい。足場のよさそうな所を探しながら、流れの少し上を歩いたり、まともに沢の中を歩いたりする、沢巾があり水量は少ないので濡れることはない。
  
県道脇の林道入口                          県有林の案内板がゲート脇にあり

  
 ゲート                                 橋を渡って右岸を歩く

  
 広葉樹のトンネルの下を・・・・                    サラシナショウマ

 獣道が縦横に走る沢を20分ほど歩いただろうか、樹林の間から荒山の山頂を見た、この辺では右岸の沢から5m〜10m上の斜面を歩き、草丈も低くなって比較的歩き易かった。沢の水はなくなり、傾斜が増し稜線の近づいたのを感じた。張り出した左手の小さな尾根を目指して一気に上がる、とは言ってもジグザグしながらである。心臓の鼓動をはげしく感じると、稜線を東西に通る林道に出た、11:08。ここは、地図上のP1286付近であり、そばには群馬県有林と保安林の標識があった。

 ここから、道は若干稜線から下って林道は終わった、11:12。斜めに笹道を上がり再び稜線に出る、この辺は野生の鹿が多く、一見登山道のように見える獣道が多い、基本的には姥子峠まで稜線通り進めば良い、バカっ広い所もないので気をつかうところではない。鹿の鳴声の方を見ると10頭ほどの群れがピョンピョン駆け抜けていった、笹原に寝そべったあとを残し。やがて急な登りが少しあって緩やかになると姥子峠に出る、11:34着。
  
 樹林の空間から荒山の山頂を見た               稜線に出た所に2つの標識あり

  
 急登が終わって平坦となる                      姥子峠

 姥子峠からは歩きなれた道、牧場の有刺鉄線に沿って明るい笹道を歩くと、左手に姥子山の山頂がある。下って鍬柄峠、薄紫と白の野菊が咲いていた。一登りして鍬柄山山頂着11:51〜12:10小休止、下ってきた男性が「4,5組登ってますよ、賑やかですよ」、と言っていた。大ダオまでに6人、その中で一際ボリュームをあげて話す人がいた、先ほどの人の賑やかはもしかしたら、このことか。鈴ケ岳山頂着12:40、8人、3パーティーいたが静かな語らいであった。
  
  明るい道笹道                            姥子山の山頂、ヤブの中に

  
  ノコンギク                              リュウノウギク

  
 リンドウ                                 ヤマラッキョウ

  
 鍬柄山山頂から黒桧山                      鍬柄山山頂から地蔵岳

  
鍬柄山山頂から荒山                          鍬柄山山頂から鍋割山

  
 つつじの道                                鈴ケ岳中腹から鍬柄山

  
 鈴ケ岳山頂から地蔵岳                       鈴ケ岳山頂で色付いたドウダン

 見渡す木々の葉も若干色付き始めているようだった、12:53下山開始。大ダオ13:06、鍬柄山13:23、鍬柄峠13:40、姥子山13:43、姥子峠13:49、稜線の林道終点14:04、今朝登りつめたポイント14:07、林道終点14:30、県道へ14:42、そして箕輪の駐車場へ14:48到着した。総所要時間は4時間39分であった。荒山を回って一周すると7時間前後かかりそうだ、葉でも落ちたら歩こう。

気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”