気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”

sub3-99
ニセコアンヌプリ
  
山行日
    2003年7月25日  晴れ  単独

コース
    登山口(五色温泉の上のキャンプ場)→ニセコアンヌプリ山頂→登山口
     15:32                   16:40         17:42

 ちょっと遅いスタートとなったが、時間的には充分で明るいうちに戻れるでしょう。五色温泉の前の道をはさんで上側にキャンプ場があって、大きな駐車場とトイレがある、ここが登山口となる。標識に沿ってじめじめした登山道に入る、ダケカンバに被われているが、背丈は低く道幅も広く明るい。大勢の人たちの滑って転んだ踏み跡があり、自ずと注意を促してくれる。ギンリョウソウを道端で見つけた、時期としては珍しいのではないかな。7,8分歩くと広い場所に出た、ここから少し先で稜線に出て、開けた尾根歩きとなる、山頂は雲の中で見えない。
  
   登山口                               ギンリョウソウ

  
  ホツツジ                                稜線

 礫の露出してしる歩きにくい斜面を登ると周辺の山々を見ながらの快適な山歩きになる。道端の花が、“もう少しだ、ガンバレ”、と言っているようだ、フウロ、オトギリソウ、キオン、エゾカンゾウ。そんな感じで進むと、何時の間にか霧がとれて、山頂の建物が目に入った、16:40山頂着。まず、南西方向にズシーンと鎮座している羊蹄山が、若干雲はあるが裾野まで綺麗に。山頂から伸びる稜線、北西の山々、ニセコアンヌプリの眺望はなかなかだ。この山の魅力は何といっても、ある程度高度があり、羊蹄山を丸ごと見られるし、下から見てもこの山は目立つ、スキー良し、山歩き良し、タケノコ採り良しの山でしょう。
  
 チシマフウロ                               キオン

  
  シナノオトギリ                             山頂が見えた

  
  ニセコアンヌプリ山頂から羊蹄山                   南のピーク

  
  山頂から西北側の山々                      山頂から西北側の山々

 明日の天気は良好だろう、よーし羊蹄山に登ろう。暑寒別岳は無理をせずパス、大沼駒ヶ岳は登山禁止で登れず、遊岳部岳はヒクマを恐れてパス、でもアンヌピリへ登って良かった、羊蹄山へ登る決心がついた。誰もいない山を静かに下る、17:42登山口着。総所要時間は2時間10分の山行であった、今日は朝一で賀老の滝を散策し、狩場山を往復し、島牧村でゆべつの湯に入り、そしてニセコアンヌプリに登った、ということを書きたしておこう。


気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”