気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”

sub3-37
小地蔵岳・長七郎山・銚子の伽藍(赤城山)

山行日
    2002/5/7      雨  単独

コース
  詳細地図はこちら
    利平茶屋森林公園(黒保根村)→鳥居峠→小沼分岐→小地蔵岳→長七郎山→長七郎山登山口→おとぎの森→
    温泉掘削跡→小尾根→銚子の伽藍→銚子の伽藍分岐→茶の木畑峠→長七郎山登山口→小沼駐車場→小沼分岐
    →鳥居峠→利平茶屋森林公園

 昨日までの天気もくずれ模様、インターネットの山岳天気の予報では、赤城山1800mでは午前中は曇りとあったので出かけた。R122号からは、曇ってはいたが、山頂まで見えていた。5:00利平茶屋森林公園発、静まりかえったキャンプ場を通り、山道に入る。芽吹いた森のところどころで、オオカメノキが花を付け、迎えてくれた。

850段の階段を上がり、鳥居峠5:46着、駒ケ岳に雲がかかり始めた、雨が来るかな。峠の岩場にはアカヤシオツツジが点々と岩場を赤く染め、覚満淵は静かに周辺の景色を写していた。小沼への遊歩道に入る、ヤマザクラが先陣を切って春を演出しているようだ、他の木々は目を覚ますところだ。雲が少しずつたれ込めてくる、黒檜山と駒ケ岳はほとんど、かくれてしまった、地蔵岳もかかり始めているが、アンテナはまだ見えている。

6:04小沼と長七郎山の分岐点を通り、道は車の走れるくらい広くなる。なだらかに登っていく、間もなく小地蔵岳の入口にかかる。いつも通過してしまうところだが、ここへ入り込む。落葉樹の中の笹道である。分岐して5分ほどで、山頂の標識のある平坦なところに着いた。コメツツジ、カエデ、ヤマザクラ、ズミ、オオカメノキなどなどの樹林帯の中で、樹間に長七郎山の山容が眺められた。6:26分岐まで戻り、大きく落ち込んだ左手の崖に沿って進む。
  
 小地蔵岳山頂                                        小地蔵岳付近から長七郎山

  
小地蔵岳付近のヤマザクラ                                 長七郎山山頂の祠

 コメツツジの群落を抜けると、長七郎山の山頂である、6:40着。小地蔵岳からわずかの時間しか経っていないが、全体に重い雲がかかり、視界は20,30mとなってしまった。こうなると間もなく雨が降ってくるに違いない。長七郎山を西に下り6:54林道にさしかかった時には小雨が降り出した。

 雨具を付け、林道と別れて、おとぎの森へと入る、道は小沼から流れる粕川(おとぎ沢)に沿って進む。おとぎの森は、クヌギ、コナラ、シラカバなど大小木が、比較的緩やかなこの斜面に生育し、低木のツツジ類が点々と彩りを見せてくれるところだ。林床のマイズルソウ、ヤブレガサ、ユキザサも残念ながら、開花はまだ幾日か先である。

 長七郎山の入口から7,8分歩くとおとぎの森と書かれた、広場に出る。ここは林道の終点で、長七郎山の入口から長七郎山の南を巻いて東に進み、途中茶の木畑への登山道を分け、大きくカーブして西に辿ったところだ。最近温泉を掘削した沢筋の真上でもある。晴れていれば沢筋の景色のいいところだ。この温泉は質的に適さないということで、中止となったと聞いている。跡地の立派な看板が北を向いて立っていた。

 ここから、南に細い尾根の急斜面を下ると、そこが掘削の現場だった(板が敷いてあった)。ここで道を探したが、直ぐ下の堰堤付近で消えていた。地形からすると銚子の伽藍の直ぐ近くなので、左岸の小さい尾根に取り付いて、尾根に沿って登って行ったら間もなく、粕川の尾根から分岐して銚子の伽藍に下るルートに出た。すばらしい光景だ、切り立った岩、急激に落ち込む流れ、岩肌を染めるアカヤシオ、周辺が霞んでしまっているのが残念であるが、一見の価値がある。
  
 温泉掘削跡地の看板                                銚子の伽藍の一番上、流れが穴に吸い込まれていく所

  
銚子の伽藍、左右の崖が接近している(南上方)                  銚子の伽藍(同下方)、点々と咲くアカヤシオ

  
銚子の伽藍、西側                                     仲良しカエル、邪魔してごめんなさい(小沼付近)

 小休止して、尾根伝いに引き返し、先ほど上がってきたポイントを過ぎ、粕川の尾根に出た、7:58、茶の木峠8:04、林道へ8:09。林道をちょっと歩いた所で、山菜取りに来た3人組に会った、何が採れますか、と尋ねたら、???と答えが返ってきた。長七郎山の入口8:22、小沼尻8:25、斜面に1uくらいの残雪があった。8:36小沼駐車場、8:50鳥居峠。850段を下って、雨中でたった1台で待つ、駐車場へ9:25着、全行程4時間25分であった。

 寄せて頂いた情報が気になり、雨の予測される天気の中出かけましたが、これから5月下旬まで、楽しめるところでしょう。本日のコースはお薦めですよ。起点はご自分に合わせて頂いて、鳥居峠、小沼駐車場、おとぎの森から銚子の伽藍一周、いろいろ楽しんでください。(地図を参照下さい

 
気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”