気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”

小沢岳(西上州の山) sub3-33

山行日
    2002/4/27  曇り  単独
コース
    椚(クヌギ)峠(ここまで車)→小沢岳→椚峠

 西上州の山第三弾、小沢岳、稲含山、笠丸山、天丸山を目指す。小沢岳への登山口までは、車で入れるところまで、駄目なら歩けばよい、と思いつつ早朝の林道を走る。椚峠の手前1kmから散乱した落石をかわしながらの運転であった。道標に従って、5:38、845mの椚峠から真北にのびる稜線に入る、霧がたちこめ周辺の山並みはほとんどわからない。左は落葉樹、右は杉林で比較的明るい林の感じを受ける、2つ小さなチークを越え、左右杉森となった。5つ目のピークは距離は短いが急登である、立ち止まり振り向くと、立ち込める霧と杉の木立が面白い光景をなしていたので、1枚撮った。
  
  椚峠の道標、山頂まで50分とある。                           霧に包まれた杉木立

 6:03、5つ目のピークで小休止して最後の上りにかかる、アセビの木がまだ花を落とさず、歓迎している。6:13山頂着。山頂には祠と石仏?があった、案内書には大日如来と書いてあったが、どうも滑稽な感じである。展望はききそうだが、一面のガスに阻まれ、足元の散りかけたヤシオツツジ、これから開くトウゴクミツバツツジ、真っ盛りのアセビが目に入る。朝食をして6:28下りにかかる、鍬柄山から見えた、切り立った山頂部(1089m)から見る眺望を期待したが、本日は残念な結果に終わった。6:55椚峠着、全行程1時間17分。
  
  満開のアセビ                                       アセビの拡大

  
  咲き始めたトウゴクミツバツツジ                           ほとんど散ってしまったアカヤシオツツジ

  
    山頂の大日如来?                                 山頂の3等三角点


 
気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”