気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”
sub3-635
駒ケ岳・黒檜山(赤城山)
  
山行日
    2012年9月10日   晴れ   1名+ワンコ

コース
    利平茶屋森林公園P→鳥居峠→駒ケ岳登山口→駒ケ岳→黒檜山→黒檜山登山口→鳥居峠→利平茶屋森林公園P
      (走れ!“忠治”の写真集120910と重複してます。)

 蒸暑さも一段落、紅葉の季節を前に、“豚も褒めれば木に登る”の例え、ワンコのトレーニングを兼ねて赤城山へでかける。予定コース、累積標高差約880m、歩行距離約11km、チェックポイントはケーブルカー跡の長い階段と持久力である、6:23利平茶屋森林公園P、6:29鳥居峠登山口。登山道には夏草が生い茂り、くもの巣と露に悩まされながらケーブルカー跡の階段下へ。様子を見ながら、3,4回写真を撮り、順調に進む、7:17鳥居峠着、小休止。誰もいないようだ、赤城の山頂部はガスがかかっていた。
  
   鳥居峠登山口                           ケーブルカー跡の長い階段


    トリカブト、ケーブルカー跡の上部


   ダイモンジソウ、ケーブルカー跡の上部


  鳥居峠西側から覚満淵、五輪尾根がガスで霞む


  ワレモコウ、ススキ、覚満淵はすっかり秋の気配


  ノコンギク?


   アザミは終盤、地蔵岳が一瞬顔を出す

 咲く花に秋の気配を感じる覚満淵を通り、駒ケ岳登山口へ、7:47。薄暗い茂みの中を木段、鉄階段を伝って進みベンチのある尾根に出る、8:26-8:40。休憩していると、さいたま市から来たという若い男性、本日がデビューだとか、長続きする楽しい山歩きを目指して欲しいものだ。筑波山、袈裟丸山が見える位置、今日は雲が多い、残念、8:48駒ケ岳。
  
   駒ケ岳登山口                             木段が連続する登山道

  
   ワンコの苦手な鉄階段                       上り詰めやれやれって顔

  
  駒ケ岳山頂付近から地蔵岳                    黒檜山

 北側へ木段を下り、大タルミへ8:58、上り返して深い笹道を急登する、ワンコにとってはまるきり笹漕ぎ、些かバテ気味、9:25花見ケ原からの道を合せ、9:28黒檜大神、黒檜山山頂9:34-10:07。山頂からビューポイントへ進むも、眺望は利かず、赤城山のピークさえ雲に見え隠れ、小黒檜山付近で作業をしているヘリコプターのエンジン音だけが鈴かな山頂に響いていた。時間的にかな、次々やってくる登山者、20人ほどいたようだ。
  
  露っぽい笹道を歩き                        南に小沼が見えてくれば

  
    花見ケ原からの道に合流                       黒檜大神

  
  山頂も目と鼻の先             西のビューポイントからは遠望きかず、小黒檜山付近で作業するヘリコプター

 山頂を後に、岩石の連続する急坂を下る。登る人にも下る人にも優しくない、ワンコもすぐ後を追い、ついてくるがリードに伝わってくる感覚では全く問題なかった、10:58猫岩、11:09黒檜山登山口着。大沼に沿って覚満淵経由で鳥居峠へ12:07。上空はほとんど晴れていたが眺望の楽しめない日であった。

   すっかり赤くなったオオカメノキの実、下り斜面で


    猫岩から大沼&赤城神社

  
                         大沼から再び覚満淵へ


   マツムシソウがまだ咲いていた、覚満淵で


   ミヤマアキノキリンソウ、アザミも終盤、覚満淵で

 水場でワンコを遊ばせながら下り、鳥居峠登山口12:46着、利平茶屋森林公園駐車場12:57着。総所要時間は、6時間34分、1時間ほど多かったような気がする。ワンコはいつもの山歩き、全く疲れてないようだ。次は、ワンコとどこを目指そうか。


  気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”