気ままな男の山歩きHOME   赤城山  足利周辺の山  西上州・榛名周辺の山 尾瀬・日光・那須周辺の山 
山行記録(山域別) 山行記録(日付順)   KAKATOTOの庭  走れ!“忠治”  サイトのご案内

  平標山〜松手山〜元橋駐車場   元橋駐車場〜平標山へ(TOP)   平標山⇔仙ノ倉山へ

 平標山の山頂をあとに松手山コースに入る。尾根の少し下を巻くように下る、鞍部からもろに尾根伝いにトレースがついている。何故か、雪面にクラックが走っているのである、良く見ると右、左両斜面に見える。お陰で夏道では見られない光景に遇えた。平標山の西側から平標山と仙ノ倉山が同時に見ることができた、ラッキーなことよ。

 平標山山頂部から苗場山、松手山と辿る尾根


 同、南の尾根と大源太山


   同、浅間山〜苗場山、松手山   画像クリック拡大

  
  山頂側面を進む                          雪面にクラックが・・・

  
                        ダケカンバの霧氷、樹形とマッチして美しい


 鞍部から 巻機山〜仙ノ倉山     画像クリック拡大

  
   同、仙ノ倉山                               同、次のピーク1960m

  
                        あちらこちらに怪しい傷口、尾根伝いに進む


    仙ノ倉山と平標山(右)         画像クリック拡大


   平標山と小ピーク1960m

 小ピークを越え、尾根に沿って下り、大山祇碑のある平坦な場所で登山道に出る、10:03。ここから礫の露出した道を緩やかに先端の一ノ肩まで進む。この辺の低木の霧氷、きれいだ、苗場山を背景に撮る。一の肩から長いジグザグした木段を急降下して標高1677m付近で緩やかになる、10:28。
  
 一ノ肩目指して下る                          平坦になった所に大山祇碑

  
   苗場山を正面に見ながら緩やかに下る             同所から平標山(右)


   一ノ肩から苗場山


    同、平標山(右)、ここから長いジグザグした木段を急降下


       木段の先端、標高1677m地点を見ながら下る、休憩するGrあり


      こんな場所も・・・・、右が平標山山頂

  
      右、左、お好みな方を・・・・                登って行く登山者

  
          まだこれから落ちるのかな、このまま解けるのかな、自然任せ

  
   標高1677m付近                        休憩していたGrが出発、頑張ってね

 ここから見通したところでは、ずっと雪庇に沿って歩くようだ、崩落した所も見える。気温は上昇しているが、暴れないように雪庇をなだめ、時々怪しげな場所でシャッターを切る、ヤッター、10:43松手山山頂着。

     松手山までの雪庇に沿ったルート、背景は苗場山

  
     また一人、いらっしゃい                   何だ、何だ・・・・・


  松手山へ緩やかに登る、この辺から雪庇が黒っぽくなってきた、気温が上ってきたのかな


     ここを周りこめば松手山、スゴイ雪庇


   松手山にまた一人


   松手山山頂から平標山

 この山頂の雪、まだ5,6mはあるだろう、山の表示板も三角点もまだしばらく、顔を出さないだろう。ここから少し下った所にビューポイントがあった、平標山から下ってきた尾根が馬蹄形に見渡せる、素晴しい光景だった。ここから樹林帯に入ると思ったが、ずっと雪庇に沿って進む、鉄塔11:04着。

 少し進んで松手山と平標山            画像クリック拡大


   松手山のおっちゃん、いつまで休んでいるのかな、日が暮れちゃうよ


    霧氷と苗場山、この辺が霧氷の限界かな


   同所から平標山


   次は、鉄塔目指して雪庇を歩く、気温が上昇しアイゼンに“だんご”が・・・

  
     左前方に稲包山                         アップで

  
 仲良し3名ボーダー、スノーシューで歩いているが、大変なご苦労          鉄塔着

  
    まだまだ続く雪庇歩き              稲包山に高さを感じ、浅貝の街を眼下に見る、里はもう近い

 鉄塔からもまだまだ雪庇歩きが続き、雪庇から離れたと思ったら数分で道路に出た感じで、夏道とは違いそうだ。もしかしたら、道を間違ったかな、元橋駐車場11:44着。総所要時間は、6時間39分、大きな拾い物をしたような山行だった。単純な目的は上越の残雪期の山を歩きたかっただけ。新しい道(往路)も歩けたし、霧氷をたっぷり味わったし、長い雪庇の下り道、おまけにこの天気、遙かな山並を眺め、サイコー。でも自然を甘く見てはいけませんよね、あくまでも慎重に行動しましょうね。

     元橋駐車場〜平標山へ(TOP)   平標山⇔仙ノ倉山へ


  気ままな男の山歩きHOME   赤城山  足利周辺の山  西上州・榛名周辺の山 尾瀬・日光・那須周辺の山 
山行記録(山域別) 山行記録(日付順)   KAKATOTOの庭  走れ!“忠治”  サイトのご案内