気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”

sub3-699
赤雪山・仙人ケ岳
山行日
    2013年9月12日   晴れ   単独

コース  概略図はこちら
    赤雪駐車場→赤雪山→群馬栃木県境→仙人ケ岳→猪子峠分岐→松田川ダム→赤雪駐車場

 秋雨前線の影響でしょうか、安定しない日が続きますね、未だ現役の竹馬の友、男体山同行を頼まれて延び延びになっている。木曜を狙っていたが、本日も午後雨の予報、仕方なく松田川ダムの外周を一回り、花でも探そうか、7:27赤雪駐車場出発。夏草の生い茂る道、露払いを強いられる。老朽化した橋を渡って、桧の森に入るとジグザグの急斜面、8:00、尾根に出る。所々にある朽ちた木段を上り、ススキの穂が揺らぐ赤雪山山頂、8:09着。薄曇りで開けた南東方向も霞んでいる。北方向に進み、緩やかなアップダウン、8:33仙人ケ岳3.5kmの道標で左に曲る、8:33。起伏の小さい雑木林が続く、南に突き当たると、正面に山並が現れる、目指す仙人ケ岳のようである。
  
  赤雪駐車場                                夏草の生い茂る道


  ヤマジノホトトギス

  
                      朽ちた橋が3,4つ連続して、人工林の急斜面

  
                                   尾根に出て、雑木林に変る

  
                         木段を上り詰めれば赤雪山山頂


                     揺らぐススキに秋を感じるが、大汗にマイッタ

  
        北方向に進み、緩やかなアップダウン、仙人ケ岳3.5kmの道標、左に折れる

  
 赤松の混じった雑木、イノシシの掘り起こした跡、跡、跡     突き当たって仙人ケ岳?を正面に


   もっと日差しが欲しいな、ツルリンドウの花

 右手に方向を変え、西方向に進む、間もなく仙人ケ岳2.9kmの道標あり、8:49。相変わらずの雑木林の尾根、眺望なし、仙人ケ岳1.8km、9:09通過。間もなく石の祠あり、周辺にイワギボウシが自生していたが小さいのが2,3本、まだ蕾が小さかった、9:15。少し下って桧の人工林に入るとヤマジノホトトギスが点々と咲いていたが、草丈が10cmほどしかない、9:22群馬栃木の県境に入って左、東方向に進むと仙人ケ岳1.3kmの道標に出る、9:28。岩尾根がしばらく続く、草の上でお休み中のアオダイショウを起こしてしまったようだ、長く伸びていた体勢からトグロを巻いた、頭を上げぺろぺろ舌をだして攻撃態勢に入った。(ヘビを見たい人はクリックしてね。
  
                    西方向に進む、間もなく仙人ケ岳2.9kmの道標あり

  
   雑木林で視界はほとんどなし                 わずかに、南方向、仙人ケ岳か

  
  仙人ケ岳まで1.8km                          間もなく石祠あり

  
  桧林で群馬栃木県境に入って                   ヤマジノホトトギスが点々と

  
  仙人ケ岳1.3kmの道標                         岩のゴロゴロした尾根

 ここから小ピークが4,5つ連続する、巻き道もあるようだが、全部越えてみた。10:02松田川ダムへの案内を見ると、間もなく猪子峠からのルートに合流して、仙人ケ岳山頂着、10:08−10:14。うっそうと木々に囲まれた山頂、圧迫感を感じ、早々に離れる。
  
  松田川ダムへの案内                          猪子峠からのルートに合流

  
                緩やかに進んで            間もなく仙人ケ岳山頂

 山頂を跡に、歩き慣れた道、10:18赤雪山分岐、10:21南方向への尾根分岐点、10:31熊の分岐、生不動、岩切方面分岐、10:40、P561東側から赤雪山、松田川ダム展望。小ピークを2,3つ越え、11:08クサリ場、連続する岩場から石尊山、深高山を眺め、11:35、P511通過。緩やかに下って尾根の最先端、東側に出る、11:57。
  
  赤雪山分岐                               先ほど辿った北側の尾根

  
  山火事の跡、尾根の分岐点付近                     下って、熊の分岐

  
                P561東側から赤雪山、           松田川ダム展望

  
   クサリ場                              東側で巻き道と合流

  
   小ピーク(≒500)                          岩尾根を慎重に

  
   眺めのいい岩場から                        石尊山、深高山

  
   P511付近                            緩やかに下って尾根の東側へ

  
  松田川ダムへの下り案内板                   枝尾根を辿るが、倒木、蜘蛛の巣に悩まされる

ここから松田川ダムへの下り案内板に従って、枝尾根を下る。鉄塔に出て神社の鳥居に下れれば予定コース。ルートが明瞭でないところが面白い。獣道、人の足跡がいっぱいあり、下に気をとられていると、蜘蛛の巣にひっかかり、慌ててストップ、ストックで払って通過、これを繰り返し12:10鉄塔、12:23鳥居に出る。県道からダム公園へ、ショートカットしてダム管理棟脇を通り、12:54駐車場へ戻る。
  
   鉄塔に出て                           また、藪を漕いで

  
   桧の人工林に出ればあと一息                  鳥居のところで県道に出る

  
  キャンプ場に出て階段を登りショートカット           クズの花にも秋の気配

  
  赤雪橋を渡れば                           少々登り返して赤雪駐車場

 総所要時間は、5時間27分であるが、コースのほとんどが雑木林で眺望なく、暑さも加わって、意外ときつかった。晩秋から早春にかけてはトレーニングコースとしてはオススメだが、今の時期は止めた方がいいね、5時間半歩いて会った人はなしですから。


気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”