気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”
sub3-663
小地蔵岳(赤城山)
山行日
    2013年2月10日   晴れ   1名+ワンコ

コース
    利平茶屋森林公園駐車場→鳥居峠→(小地蔵岳北斜面)→小地蔵岳→・小沼・鳥居峠分岐点→鳥居峠→利平茶屋
                   (走れ!“忠治”の写真集130210と重複してます。)

 9日からの3連休、昨日はイベントがあって、強い冷え込みと風の中で大沼周辺は大分賑わっていたようだった。今朝は静かで、比較的温かい、ワンコを連れ、赤城山東方の利平茶屋森林公園から鳥居峠経由で小地蔵岳をぐるっと回る予定だ。北斜面の状況によってはぐるっと西側から回り込んで山頂へ向かう。こちらのルートは、昨日相互リンクしている“石塚さんちのHP関連山行録)”で歩いているので心配なさそうだ、8:47利平茶屋森林公園の駐車場を出発。公園内の道を進み、8:57鳥居峠への登山道に入る。ここにもトレースあり、道の真ん中が凹んでいるので歩きやすい、雪の多さに若干興奮気味のワンコは盛んに引っ張り、深い雪を泳ぐように上って行く。9:51ケーブルカー跡の急斜面に入る、雪は平均30cmほど、でも吹き溜まった場所では40,50cmあろうか、時間はかかるが、快調に進み10:30鳥居峠着。
  
  昨日の踏み跡の残る公園内の道                鳥居峠への登山口、ここにもトレースあり

  
   崩落跡の沢を渡り                         ケーブルカー跡の急斜面を真っ直ぐ上る

  
    上方向、鳥居峠の建物                       下方、雪面の足跡

 沢山観光客がいるかな、と思ったが大沼にも、覚満淵にも、勿論鳥居峠にも人影は無い。小沼への登山道を見ると、しっかりした踏み跡が続いている。大分汗をかいた、キャップを外し、一枚脱いでザックに押し込む、ワンコの指につく雪玉は今のところ心配なさそうだ。10:37小沼への登山道に上がり、小地蔵岳への取り付き場所を探す、深くて駄目、また駄目で3つ目で山中に入る。ワンコはピョンピョン私の靴跡を跳ねてついてくる。浅そうな場所を探している時は、深い雪にもぐって得意そうな表情を見せる、見ていて飼い主にとってはたまらない。
  
  鳥居峠から大沼、覚満淵                      同、小地蔵岳北側斜面と地蔵岳(右)

  
  小沼へ通じる道                           一段上って、左に入ろうとしたが深くて駄目

  
   3度目、山中に入る                       東側に進むと駒ケ岳が北方向に見える

  
   斜面の状態はこんな感じ、深い所は1m以上、浅そうな場所を探しながら蛇行して上って行く

  
 ピョンピョン靴跡を跳ねながらついてくる                 しばらく奮闘すると袈裟丸山が後方左に

  
  急斜面を浅そうな場所を探しながら進む          ここからは吹き溜まりが続いている


 しばらく進むと北側の眺望が開ける、黒檜山と手前に駒ケ岳が重なる


   右奥に日光白根山、皇海山、袈裟丸山


  まだこの先、雪庇状の吹き溜まりが連続している

 汗だくの小地蔵岳、ワンコのリードは凍って棒状に、雪玉が大きくなり気になっているようだ、時々なめたりかじったりしている。毎度のことであるが人手の番だ、指先で砕いて外してやる。1個だけ毛を巻き込んで硬くて外れず、噛み砕いてとってやった、キタナイと思うであろうが、仕方ない。やっと雪庇の上部に辿り着く。振り向けば黒檜山は駒ケ岳の一段上に、日光白根山は雲がとれつつあった。西側に若干回り込んで、間もなく小地蔵岳到着、12:06-12:18。
  
   やっと雪庇の上部に辿り着く                    勾配が緩やかになり


 振り向けば黒檜山は駒ケ岳の一段上に


   日光白根山の雲が払われていた

  
   西側に若干回り込んで                          小地蔵岳到着

 ここからはしっかりした踏み跡が続いているようだ、腹ごしらえをして、山頂を後にする。ワンコは昨日歩いた石塚さんちのワンコのニオイをとってリードを強く引く。踏み跡は真ん中だけで、ちょっとズレると雪にはまってしまう、12:23長七郎山への分岐点、ショートカットしながら山間についた踏み跡を辿って12:31小沼・鳥居峠の分岐点着。丁度鳥居峠方向からやってきたご夫婦、スノーシューで長七郎から小沼を一周するようだ。

  小沼・鳥居峠の分岐点から地蔵岳

 ここからは、登山道を踏み跡を辿り鳥居峠へ12:52、小休止してケーブルカー跡を下って13:08、往路を辿って13:51鳥居峠登山口、14:05駐車場に戻る。
  
  登山道を踏み跡を辿り北側の吹き溜まりへ            ここを乗り越えると

  
   樹間に地蔵岳                              黒檜山、駒ケ岳を望む

  
         小地蔵岳の北側を大きくトラバースして鳥居峠へ、鳥居峠から大沼&駒ケ岳

  
   ここからは往路を辿りケーブルカー跡を下り            崩落の沢を渡り

  
  ほどなく登山口へ戻る                         公園内をブラブラと駐車場へ

 総所要時間は、5時間18分、ワンコを連れた小地蔵岳北面の雪遊びでした。小地蔵岳北面の積雪は例年よりまだ少なく、途中で大きくルートを変更することは無かった。吹き溜まりの雪は締まりつつあるので、あと10日〜2週間たてば面白くなりそうだ。



気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”