気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”
sub3-688
鍋割山(赤城山)
山行日
    2013年6月20日

コース
    姫百合駐車場→荒山高原→鍋割山→荒山高原→姫百合駐車場

 昨秋、旧友I&Iさんから男体山へ同行を頼まれた。彼は現役、体力は?、「赤城の長七郎山を途中で休まないと・・、膝にくる」、という。男体山への思いが強いだけに、「では一緒にやりましょう」となって、トレーニングを兼ねて、鍋割山を歩くことになった。男体山を志津乗越から歩くと標高差700m、距離は片道3kmほど、姫百合駐車場から鍋割山を歩くと、距離はほぼ同じ、標高差が半分程度で、男体山の可能性が見えてくる、7:15駐車場を出発する。丸太の木段を上り、脇道を集め、杉、檜、カラマツの人工林を抜け、ふれあいの十字路に出る。ここから落葉樹の森となり、火山岩が徐々に大きくなり、荒山風穴を過ぎると、大きな岩の間を抜け平坦な荒山高原に着く、8:13。
  
  荒山、鍋割山登山口                 丸太の木段がしばらく続く、跨ぐより脇が歩き良さそうだが・・・

  
                           道沿いには、コゴメウツギ

  
   コアジサイ                                テンナンショウが点々と

  
                          杉林から

  
   うっそうとした桧林入る、林の中は草一本生えず         奥には小さな火山岩が転がっている

  
   枝道を合わせ                         炭焼きの跡を左に進む

  
  小尾根、ふれあいの十字路に出る                  奥の斜面の火山岩は大きさを増す

  
  落葉樹の森に変り、火山岩の道となる             登山道にはトラロープが張巡らされている

  
  高度上げ、斜面には大きな火山岩が目立つ           荒山風穴を左手に

  
  もう一汗かいて                            平坦な荒山高原着

 上空は白い雲、南方向に高い山、どこかな? しばらく緩やかに歩いて尾根筋まで勾配を増す。ヤマツツジが終わって、ニシキウツギ、マユミが開花していた。咲き始めはウコンで徐々に赤く変化していく、木も葉も花形もタニウツギそっくりだが、変化するところが面白い。尾根に出て最初のピークで、「富士山だ、・・・・」、と興奮気味、まさかと思ったが雲海に浮かぶ秩父の山と富士山だった。右手に目を転じれば、浅間山、四阿山、雲を被った草津〜谷川連峰、武尊山、鈴ケ岳、手前に小野子山、子持山、雲に遮られながら、しばらく楽しませてくれた。次のピーク付近で、咲き残ったレンゲツツジと富士山を撮った。次の瞬間、雲が湧き、すっかり遮られてしまった。
  
                                ニシキウツギ


   富士山遠望


     浅間山遠望


     鈴ケ岳


   荒山


  富士山と咲き残ったレンゲツツジ


   浅間山と四阿山

  
    サラサドウダンの古木                          サラサドウダン

  
                          ヤマツツジ、ここの一角だけ咲き始め

  
                                クサタチバナ

 こうなると鳥や虫の声が気になる、ウグイス、ホトトギス・・・・、カエル?、やかましく鳴くエゾハルゼミ。I&Iさん、じっと鳴く方向を注視、ついに発見、あちらにも、こちらにも、4,5匹見つけた、道草を食いながら、9:30鍋割山山頂着。。
  
                             エゾハルゼミ、見つけた

  
                                  鍋割山山頂

 視界は50mほど、雨が降らないだけ良いか、早い食事をして11:07山頂を後にする。11:00-11:10荒山高原、濡れた岩場、根っ子、丸太に気を使いながら、12:09姫百合駐車場着。総所要時間は、4時間54分、山地図のCTは2時間50分と2倍近くかかったが、今の時点では全く気にすることはないだろう。

 I&Iさんの気を紛らしながら、おしゃべり山行、20〜30分おきに小休止を入れ、予定のコースを歩いた。花、鳥、虫と興味ぶかそうに語りかけてくる、エゾハルゼミを見つけ出したのには、マイリました。下山時、右ひざを気にしてましたが、下った後はさわやかな表情だった。ステップを乗り越えた実感かな? I&Iさんは木曜日が休日なので、本番は天気の良い日に歩けるよう、10月上旬まで、私のスケジュールはフリーにしてある。思いを叶えてもらう手伝いも、また、良いものだ。



気ままな男の山歩きHOME  山行記録(日付順 )  山行記録(山域別)  走れ!“忠治”